上手なおだんごの作り方(シニヨンの作り方)

上手なおだんごの作り方(シニヨンの作り方)
用意するもの

上手なおだんごの作り方pdf版 ダウンロード--1,100kbytes(2002年4月8日 更新)
ダウンロードの前に使用許諾をお読みください。

odango1 image

ポニーテールを作ります。結ぶゴムは、輪のゴムだとあとから緩んできますので1本ゴムを使ってしっかり結んで下さい。 髪を少しぬらしておくと、作りやすいです。高さは絵の様にして下さい。 (高すぎても、低すぎてもだめです。)頭が下をむいて作りますと、えりあしが、たるんでしまいますので、 少し上をむかせて作って下さい。

odango2 image

前髪の短い人は、あとからディップ又は、チックで上に上げる様にします。 くしを使って上げると、きれいに仕上ります、また、後れ毛(わきや、後ろのえりあしの髪など)も、 同様にして、くしでポニーテールの結び目の方向へ上げて下さい。

odango3 image

くしで結び目の方に上げた前髪や後れ毛をアメリカピンで、結び目を中心に、円をえがく様に止めていきます。 なるべく結び目に近い位置で止めて下さい。ネットをかぶせた後、めだちません。 前髪が短い人は、前髪の最後の位置で、前髪が落ちないように止めます。 アメリカピンを少しまげておくと、頭からうきません。

odango4 image odango5 image

ポニーテールの髪を少しねじり上げてから、結び目に、まいていきます。 三つ編みはしないで下さい。おだんごが大きくなりすぎます。
まげネットをかぶせて、Uピンで2・3か所止めてから、おだんごを平たくして形を整えます。 ネットは、自分のおだんごより大きめで、なるべく細かなものを選んで下さい。 あまったネットは、内側に押し込む様にします。

odango6 image

Uピンで止めます。
表面の髪とネットと、頭側の髪を一緒にはさみこむ様に止めます。ゴムの結び目にUピンが、刺さる様にすると、しっかりと止まります。 高さは正面から見て、おだんごが見えない様にして下さい。


apple pie Top | Contact

Copyright(C) 2000-2014 apple pie All rights reserved.